So-net無料ブログ作成
検索選択

familiar paradise @Singapore -完- [Singapore]

IMG_3366.jpg

MRTの駅前でピックアップしてもらい、彼の馴染みのホーカーズへ向かった。

「なに食べたい?」

「なんでもOK。ここはシンガポールだからね、おれが食えないものはない」

「そういうと思った。じゃあ、日本で食べられないものを食べようか」

「いいね、それ」

路肩にクルマを停め、友人は手持ちの駐車チケットを切り、クルマを降りた。

IMG_3351.jpg

ホーカーズ(屋台街)は煌々と明るく、22時だというのに混んでいる。
シンガポリアンは夕食の時間がまちまちで、
日が落ちてから深夜まで多くのホーカーズはニギヤカに営業している。

ちなみにこの国は共働きが多く、家で作るより便利で安い、という理由で、
3食とも外食、なんてのは当たり前だ。
そのため「おふくろの味」なんて意識は希薄で、
「XX通りの麺屋の△△が懐かしい」というのが当たり前だったりする。

価格.com ブロードバンド

「とりあえず飲み物、買いに行こう」

『ホーカーズ』は日本でいうところの『フードコート』に似ていて、
違う点はといえば、熱い国らしくオープン・エアな部分だろうか。

小さな店が軒を連ねる中、飲み物は飲み物屋、麺は麺屋、
おかずはおかず屋、といった感じで、品物によって店は完全に分かれている。
中には注文すると持ってきてくれる店もあったりするが、
基本は自分で買ってきて、自分で席に着くスタイルだ。

「なに、飲む?」

「『テ・ペン』、ら~」

「おお~。よく覚えてるね~」

「毎日飲んでいたからね、そりゃあ、覚えてるよ。
 『テ・オ』、『テ・コソン』、『コピー・オ』、『コピー・コソン』・・・」

「OKラ~。じゃあ、料理注文してくるわ」

IMG_3290.jpg

『テ』は紅茶=ティ、『コピー』はコーヒーのこと。
マレー訛りだか、シンガ系の中華訛りだかわからないが、
丁寧な英語で伝えるより一発で通じる。

『テ』や『コピー』をそのまま頼むと東南アジアらしく、
コンデンスミルク入りのどっちゃり甘いやつがやってくる。
日本人には口が曲がるほど甘い例のヤツだ。

紐解くと、
『コピー』(kopi)=コンデンス・ミルク入りのコーヒー
『コピー・オー』(kopi-O)=ミルクなし、砂糖ありのコーヒー
『コピー・コソン』(kopi-Kosng)=ミルクあり、砂糖なしのコーヒー
『コピー・オー・コソン』(Kopi-O-kosong)ミルクなし、砂糖なしのコーヒー
これに『ペン』をつけると氷入り=アイスになる。
スタバの注文のほうがよっぽど難しい気がするのは気のせいか。




飲み物を抱え、テーブルに戻ると友人が笑っている。

「カ・エ・ル、頼んできたよ。『カエルのお粥』、食べたことある?」

「カエルは食べたことあるけど、お粥はないなあ。
 いいねえ、日本で食えないねえ」

「あとエビ。好きだったよね?」

「わお! うれしいね。シンガポールといったらエビでしょ」

食の好みが合う友人は気楽でいい。
かたやシンガポールのガイド、かたや元ツアコン、
ホテルの料理から旅先の名物まで、
うまいものに慣れ親しんだ性質の悪い舌を持った輩なので、
ずっこけたマズイモノを頼まない安心感が大きい。

「結局どうした? 出発までホテル取ったの?」

「いや、タクシーで空港に戻ってラウンジで寝ることにした」

「安いホテルでムダ金使うよりいいかもね」

IMG_3372.jpg

「はい。ムダ金より生き金。なので、そのホテル代でこのメシ、おごります」

「いいよ、おごんなくて。ここはわたしの国だからわたしが払うよ。
 タクシーもいいよ、空港まで乗せていくし、あとは日本帰るだけだろ?
 お金使わなくていいよ、もう」

「じゃあ、このドルどうするのさ。数年ぐらい前から$70が残ったままだよ」

「いいじゃん、腐るわけじゃないし。次に使いなよ」

酒も飲まないふたりののんきな夕餉が続く、日付は帰国日に変わっていた。


  
パラオ~マニラ~シンガポール紀行

2012年6月7日11:10ナリタ発~14:30グアム着
          18:50グアム発~19:50パラオ着
    6月12日20:50パラオ発~22:15マニラ着
    6月13日14:30マニラ発~18:10シンガポール着
    6月14日 8:10シンガ発~16:00ナリタ着


― 完 ―


出発前の空港、みなさんはナニして過ごしていますか?免税店?カフェ?
格安航空券やLCCでもビジネス・クラスのラウンジでビールなんていかが?
「プライオリティ・パス」の情報詳細はこちらをご覧ください  ↓
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17
「年会費1万円は高い!」と思うかもしれませんが、
往復で2回ラウンジ使用可能ですから、年間3~4回ほど空港(国内線も可)を使えば、
空港でお金を使う分のモトは取れちゃいます。
さらには空港からの「バゲージ・サービス」(宅配便でスーツケースを自宅へ配送)が年2回付帯、
関東エリアなら1,500円前後、x2はけっこう大きなサービス。
国内も海外も旅行にこの1枚
しかも今なら入会時に12,000ポイントプレゼント、初年度は無料みたいなものです!

各都市空港ラウンジの利用報告記です!
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-01-28 NY  (EWR)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-03-13 NY  (EWR)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-03-14 LA  (LAX)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-05-07 ソウル (ICN)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-05-11 ソウル (ICN)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-08-27 ロンドン(LHR)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-11-04 ダラス (DFW)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-01-28 バンコク(BKK)
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17 成田  (NRT)


blogramランキング参加中!読んだらチェック★
FC2 Blog Rankingランキング≪旅行部門≫をチェック★
≪海外一人旅ランキング≫にほんブログ村でチェック★
人気ブログランキング≪海外旅行部門≫をチェック★

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。