So-net無料ブログ作成
検索選択

おなじ島のちがう国から from Belfast [Northen-Ireland]

IMG_3513.jpg

アイルランドから別の国・北アイルランドに来ています。

「ナニが別の国なんじゃい」というなかれ、
国境もパスポート・チェックもないんですが、
ベルファストの街に降り立つとそこからは「ポンド」の世界。

「ユーロ」で過ごしていたアイルランドの首都ダブリンとはまったく様相が異なります。
正式名称「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」の「北アイルランド地方」、
アイルランドの島のつむじの辺りをイギリスが牛耳っているわけで、
ベルファストはその北アイルランド地方の首府でございます。

アイルランドであり、アイルランドでない場所。

成田で両替したユーロは使えなくなり、
バス・ターミナルに降り立った瞬間から「文無し状態」で街に放り出されるわけです。
まあ、前回の旅の残存弾のコインを持ってきたのでコーヒーぐらいは飲めますけどね。
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2009-08-27 MINI United@ロンドン

バス・ターミナルから15分ほど歩き、クイーンズ大学の裏手にあるホステルに辿り着いたんですが、
大学のそば、ということもあり、整備された街並みが静かな佇まいを見せておりました。
新学期の9月ということもあって、メイン・ゲートではクラブやらサークルでしょうか、
新歓イベントで賑わってましたけどね、そこだけ静かじゃない佇まい。

ダブリンの人の多さからすると、ベルファストはワサワサしておらず、好みに合う感じ。
人に尋ねても言葉多くて親切で、やはり首都と地方都市とではスケールの違いがありますね。

IMG_3606.jpg
ダブリンも決して大きい街ではなく、サイズ感的には「新橋周辺」という感じで、
ビジネスマンも旅行者も学生も肩を擦れ違うように行き来していて、ワサワサワサワサ落ち着かない。
街は小さく、人は多いけど、見るものは少ない、ってザックリ切ったらかわいそうか。

ついでにロケーションがいいからと選んだ街のド真ん中のホステルは学生寮のようにバカでかくって、
どことなく居場所がなく、滞在も落ち着かないまま。

ベルファストのホステルは学生エリアのアパートメント改装型、シェア・ハウス的なサイズなので、
リビングで語らったり、キッチンで立ち話したりと、ホステルらしい過ごし方ができてます。

明けて10月1日、今回の旅で一番見たかった『ジャイアント・コースト』へ。
ホステルから現地ツアーを申し込み、(18ポンド≒3600円)北の海岸目指して、ワンデイ・トリップ。
規模的には我が地元の半島の海岸と変わりがない感じで、やや「ムムム」となりましたが、
日焼けするほど天気も良く、街なかで鬱々と過ごすのに比べるとなんとまあ、晴れやかな一日であったことか。

コンセント/マルチプラグ(海外対応 旅行用品 トラベラーストア)

便利グッズ/コンセント/マルチ変換アダプター/海外充電器/USBポート付

5種類のプラグとマルチトランスが合体!「楽ぷら」(トラベルアイテム)

海外コンセント変換アダプタAC電源タップiphone 携帯 スマホに!


そうそう、ベルファスト到着の30日夜の時点で問題発生。

おそらくヨーロッパだけでなく、
世界的平等的に日本も週末に差し掛かろうとしていると思いますが、週末の宿がないことが判明、
安宿=ホステルがソールド・アウトなのです。

アイルランド自体がポピュラーな観光地ではないため、
ダブリンもここベルファストもホステルの数が少なく、また5千円ぐらいの安ホテルというのがないんですね、
ホステルのドミの上は6~7千円の価格帯のホテルになっちゃう。

ホテルでもいいのですが、ドミトリーは2千円ほどなので、3泊分となるとちょっとバカらしくもアリ。

ということで、アレヤコレヤ検索しているんですが、3日土曜のベッドがないんです!
2日にベルファストを出て、さらに北のデリーへ向かおうと思っていたんですが、
そこもやはり土曜日のベッドがいっぱいで、「ムムム」という感じに陥ってます。

こうなったら予定変更して、デリーは金曜一泊のみで、(金曜のベッドは空いていた)
土曜日、ベルファストに戻り、同じホステルでベッドを取ろうかと思ったら、
「週末はいっぱいかもしれない」と予約メールと格闘している女性スタッフがそう告げられました。
「明日、チェックアウト前に確認してくれる?」と忙しそうなので「ムムム」なまま、1日の夜は暮れ・・・。

IMG_3718.jpg
この旅のラストはダブリンから帰国するのですが、
ダブリン~ベルファストのバスが途中、ダブリン空港を経由、2時間でこの街へやって来たのですね。
このバスは1時間ごと、24時間運航しているので、
最終日、ここからダブリン空港に向かうのもアリだな、と早々に決めたわけです、
この宿を気に入ったこともあって。

となると2日金曜はデリーでベッドを確保、
3日土曜はホテルに泊まり、デリーで2泊したのち、ベルファストに戻り、ラスト2泊をこの宿で過ごすか。

あるいはデリーは1泊のみで3日土曜にベルファストに戻り、別のホテルを探すか。
う~ん、あるいは全然別の西の街・ゴールウェイにでも行っちゃうか、と思い立ち、
検索したけどやっぱりベッドがない。

帰国日は6日、さあどうなる、どうする。

02,Oct. @ Belfast



blogramランキング参加中!読んだらチェック★
FC2 Blog Rankingランキング≪旅行部門≫をチェック★
≪海外一人旅ランキング≫にほんブログ村でチェック★
人気ブログランキング≪海外旅行部門≫をチェック★

ランキング1位!【Amazon.co.jp限定】 衣類圧縮袋 10枚組 日本製

ランキング2位! バックとめるベルト 各種メディアにも登場多数!

ランキング4位!海外旅行用変換プラグ 世界主要国対応(A・B・C・O型)

ランキング6位!『ベルト式デジタルスケール』スーツケースの計量に

ランキング7位!立体型アイマスク 目を圧迫しない新感覚の癒しマスク


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1