So-net無料ブログ作成
Philippines ブログトップ

pleasant paradise @Manila [Philippines]

IMG_3272.jpg

ラウンジで14:10のシンガポール行きSQフライトを待っていた。

マニラ空港の正式名は『ニノイ・アキノ国際空港』、
ここでも『プライオリティ・パス』を有効利用して、
ビジネスクラスのラウンジ『PAGSTOP LOUNGE』にいた。

ラウンジに転がり込んだのはほんの一時間前。
スコールでタクシーがつかまらない上、空港までの道のりもしっかり渋滞していたからだ。

パラオ行きにあたって、消費マイルが変わらないからと、
帰国便のフライトをパラオ~マニラ~シンガというバカげた行程で組んだのは、
『未踏の地・フィリピン』という誘惑に駆られたためなのだが、
キツイ乗り継ぎも『プライオリティ・パス』でビジネスクラス・ラウンジの利用ができる、
というアドバンテージがあり、多少は慰めになると思ったからだ。

IMG_3205.jpg
ビーチリゾートホテル 1,000円台~5つ星ホテルまで!


「すぐにチェックアウトするから」

フロントにそう告げ、部屋に上がった。
チェックアウトの12時まではまだ30分ほどある。

ショッピング・モールからの帰り道もスコールは精力的で、
「強」になったスイッチのまま、大きな交差点をことごとく水溜りにしていた。

覚悟を決め、その交差点に足を沈め、ズブ濡れになりながら、ホテルを目指したが、
そもそも地元の人は激しいスコール自体を気にも留めていないようで、
民家の軒先では壊れた雨どいから漏れ落ちる水で頭を洗ったり、
洗濯物を濯いでいる人さえいたりした。

あるいはこれがマニラの日常なのかもしれない。

部屋で熱いシャワーを浴び、濡れた服をバスタブで軽く洗濯すると乾いた清潔な服に着替えた。
時間があったのでドライヤーで靴を乾かし、片手間にコーヒーを淹れる。
初めて訪れた国でなにをやってるんだろう、と思いはしたが、
センチメンタルな感傷にふけるほど部屋を使える時間は残されてなかった。

ランドリー・バッグに濡れた衣服を放り込み、
キャスター・バッグに詰め込むと異様に重さが増した。
半乾きに遠く及ばない革のデッキ・シューズを履くと気持ち悪さが素足を伝ってきた。




「ごめんね、ギリギリまで部屋を使っちゃって」

ギリギリとはいったものの、時計はチェックアウト・タイムの12時を30分ほど回っていた。

「問題ないわよ、これぐらいなら。うちのホテルの滞在はいかがでした?」

レシプトを打ち出しながら、女性マネージャーがキレイな英語でいう。

「とても快適でしたよ。値段以上だと思います。
 シッカリした朝食は一人旅やビジネス客にはうれしいです。
 Webの口コミにもそのことはちゃんと書いておきますよ」

「あら、それはうれしいわ。日本からのお客さんが増えるかも」

IMG_3211.jpg
会員登録で¥2,000クーポンがもらえる!お得な旅行情報はenaメルマガで!

気持ち悪いデッキ・シューズとやけに重たいキャスター・バッグを引きずり、
ホテル・エントランスの階段を下りる。

「空港までタクシーですか?」

ドア前にいた年配のガードマンが声をかけてくれる。
どうやらこのホテルにもガードマンはいたようだ、たった今、初めて見かけたが。

「うん、空港までです」

行き交うクルマを停めようと通りに出るとガードマンが傘を差し出してくれた。

「ありがとう。でもご覧の通り、一度ズブ濡れになって、
 シャワーを浴びてきたので雨は気にならないですよ。
 それよりもクルマ、拾えますかねえ?」

海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】

目の前の通りを走るタクシーはホトンドが客を乗せている。
東南アジアでは雨が降るとタクシーはつかまらなくなる。
たまに空車の赤いサインを出しているクルマはこんな感じだ。

「空港までメーターで行ける?」

「300ペソ、チップ込みでいいよ」

スコールなので、足元を見て、ドライバーは強気だ。
メーターでなく言い値で行く、というタクシーが多い。
小雨になってきていて降り止みそうな気配だったが、
500はアタリマエで酷いのは800なんて言ってくる運転手もいた。

ドアを開けては「エアポート、メーター」と継げ、
ツレない返事をもらっては失望とともにドアを閉める、というのを4~5台、繰り返した。

「時間だいじょうぶかい?
 マニラのタクシーは性質が悪くてすまないね」

変わらず横で傘を差してくれているガードマンが申し訳なさそうにいう。

「ダイジョウブ、こういうのは旅先では慣れっこです。
 スコールだし、こんなことでフィリピンを恨みはしませんよ。
 それよりも手持ちのペソが300しかないんで、
 メーターで行ってくれるタクシーを待つしかないんですよ」

「ならATMでお金を下ろしたほうが早いかもしれませんよ」

カードマンの言っているいることが正論なのはわかっていた。

IMG_3277.jpg

目の前で停まったタクシーに「メーター」と告げると、
ドライバーは乗車を促すように無愛想に首を傾けた。

「アンタ、ラッキーだったね」

「これでマニラをキライにならないで済みますよ、ありがとう」

傘をたたむガードマンに礼をいい、ドアを閉めた。



国内でも海外でもビジネス・クラスのラウンジが使えてしまう
「プライオリティ・パス」の情報詳細はこちらをご覧ください↓
http://delfin.blog.so-net.ne.jp/2010-03-17
読み終わったらポチっとして≪旅行部門≫ランキングをチェック!★

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】 Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:旅行

soaked paradise @Manila [Philippines]

IMG_3266.jpg

雨のスイッチは「強」になったまま、降り続いていた。

あきらめて礼拝堂に並ぶ木のイスで本を読み、小一時間をやり過ごしてみたが、
スコールの強さは維持されたままで、スイッチが切り替わる気配はなかった。

「ナニジン? ドコからキタ?」

「ニホンジンだよ。これ、止まないよね」

「ああ、今日の降り方は異常だね。見ろよ、道路もアレだ」

雨音が弱まると礼拝堂の入口まで出向き、空を睨みつけてみる。
繰り返しそんなことをしていたらガードマンに話しかけられた。




彼が指差した通りの向こう側では、
マンホールから雨水が逆流し、水が勢いよく噴き出している。
教会の入口前のクルマ回しが彼の持ち場なのだろう、こんな天気を持て余し、
ベンチに腰掛けたまま、退屈そうにペットボトルのコーラを繰り返し口に運んでいた。

「カサ、持ってるか?」

「このクツにこのパンツじゃ、今更、カサはムダでしょ?」

そういって、色の変わった短パンのおしりを見せると笑われた。
笑い声とともに時間をツブしてもよかったが、2時間は少し長すぎる。

IMG_3232.jpg
全世界!オンラインでカンタン検索!お得な海外航空券なら【H.I.S.】


「ありがと。もうあきらめて行くよ」

「クルマに気をつけなよ」

慰めの言葉をもらうと、シャワーの中に駆け出した。
軒先を伺う歩き方も面倒になり、カメラバッグだけシャツの下に忍ばせると、
あとは晴れの日と変わらないテンポで図々しく歩くことにした。

夏のスコールなので濡れることを厭わなければ、たいした問題はない。

スコールの中、かれこれ10分以上は歩いただろうか。
あらかじめメモしてきた通りの名を頼りに2つ目の教会を探り当てたが、
そこは幼稚園を併設しているような近代的な造りで、
子供たちを迎え入れるであろうゲートは部外者の立ち入りを拒んでいた。




あきらめて3つ目の教会を探す。

ところがあるはずの通りに教会が見当たらない。
スコールは余話なることを知らずに降り続いている。
髪からはしずくが垂れ、靴の中には水たまりができていた。
幸い、南の国のスコールなので、雨粒はヨゴレが少なそうだ

って、幸いか、それ。

しずくを垂らしながらナニかを探し歩く、というのはあまり楽しい行為ではない。
教会にそれほど執着もないので、早々に白旗を掲げ、
通りがけに見かけた大きなショッピング・モールに駆け込んだ。

IMG_3269.jpg

館内はガッチリエアコンが効いていた。

エアコンLOVEが心情ではあるが、さすがに「濡れ鼠」に「冷風」はキツイ。
しかも東南アジアのエアコンは「強」しかないのか、というぐらいキンキンに効いている。
コイツは風邪っぴきものだな、と思いつつ、キレイなモールの床を濡らしながら歩くと、
フト、五十絡みのおっさんに話しかけられた。

「アンタ、うちのホテルの客だろ?」

「?」

「アンタのホテルのガードマンだよ、忘れたのかい?」

忘れたもナニもダレだよ、オマエ。
はは~ん、と思いつつ、おっさんのハナシに乗っかってみることにした。



「ああ、覚えているさ。で? どうしたの?」

「今日、息子の誕生日なんだよ、これからケーキを買いに行くんだ。
 アンタ、息子のためにケーキをプレゼントしてくれないか?」

(きた!)

「へえ、そんなんだ。誕生日のケーキを買いに行くのか。
 それなら、おれの分も買ってよ。おれ、今日、誕生日なんだよ」

そう切り返すと、おっさんは急に英語がわからない人になり、
なにかをツブやくとNOとばかりに手を振り、急に他人顔で立ち去って行った。

顔見知りを装った「タカリ」か、さすがフィリピン。

IMG_3259.jpg
OZの温泉予約「8800円のプレミアム温泉ステイ」


ホテルでは深夜にチェックインした際の夜番のフロント・マン、
朝のフロント・レディと朝食担当のボーイにしか会っていない。
治安の悪いマニラなので、ホテルごとにガードマンがいても不思議ではないが、
タイミング的にガードマンには会っていない。
なのでホテルのガードマンがコチラを覚えているわけがない。

生き馬の目を抜くというか、濡れ鼠を襲うというか、さすがマニラ。
「濡れた犬を叩く」は韓国のコトワザだっけ?
仮にアンタを覚えていたとしても、
なんで宿泊客がガードマンにケーキを買わなきゃならないんだ?

しかし全身水浸しの「短パン濡れ鼠」にタカるかね? ヘタクソ。


読み終わったらポチっとして≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
にほんブログ村 旅行ブログへ

nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

peculiar paradise @Manila [Philippines]

IMG_3197.jpg

コーヒーを飲みながらの祈りが通じたのか、9時になると雨はおさまった。

ダウンタウンに2,3の古い教会があることは地図を見て目星をつけていた。
徒歩でそこに出向けることを見越して、このエリアに泊まることを決めたのだ。
昨夜出向いたコンビニの近くには鉄道の駅もある。
時間的にキビシくなったら、ホテルへの戻りはそいつを使えばいい。

雨に朝の時間を奪われ、マニラの街をブラつけるのは3時間だけとなった。
時間があれば旧市街にある大聖堂も目指すつもりでいたのだが、そいつはきびしいか。

IMG_3191.jpg
日本人旅行者に人気のホテルが毎日値下げ・バーゲンハンター

雨の上がった道を小躍りしながら、まずはマラテ教会を目指した。

たとえ3時間でも知らない街を歩けるのは気持ちが踊る、スキップしたいぐらいだ。
しかしその気分にはすぐに邪魔が入った。
「一日雨でしょう」と告げていた天気予報の通り、また雨粒が落ちはじめたのだ。
いや、落ちはじめた、というより、さっきがたまたま雨雲の切れ間だったのだろう。




CAFEの軒先をくぐり、レストランの入口で歩みを止め、
商店の店先で地元の人と濡れた服を指差し、苦笑いを交わし、
雨を掻い潜りながら、教会を目指した。

こちらの気持ちなど無視するように、空は割り増しで雨粒を落としている。

叩いてくる雨に追われるように教会の礼拝堂に転がり込んだ。
愛用のデッキシューズの中はすでにガボガボで、
走って跳ねを上げたのか、短パンの尻の部分はシコタマ濡れていた。

IMG_3192.jpg

カトリックの教会らしく、石積みの建物が重厚な面持ちを見せている。
書いておいて改めるのもおかしいが、『教会』というのは組織のことを現しているので、
建物自体を説明するなら『聖堂』というのが正しい、ということになる。
さらに刻むと『大聖堂』というのはその地区を束ねる『司教』が存在するものを指している。

オフィスビルが立ち並ぶ街なかで、歴史ある建物が当たり前のように鎮座している。
世界中、どこの国でもカトリックのインパクトは強烈、
スマホが普及しようが、21世紀がやってこようが、普遍の面持ちだ。

ひかりTVブック

雨宿りを兼ね、しばらく礼拝堂のなかを眺めて歩く。

例外なくカトリックの国では、平日だろうが幾人か祈りを捧げる信者がいる。
祈りの邪魔にならないよう、シャッターを切る。
静寂に包まれた厳粛な石造りの礼拝堂の中では
小さなシャッター音が鐘の音にも等しいノイズに感じられる。

時折、扉が開き、人が入ってくる。
その一瞬、外の雨音が堂内の静寂をかき消す。
同時にその音が街歩きを目指すこちらの気分を滅入らせてくれる。

IMG_3262.jpg

それでも知らない国の知らない街、知らない通りの知らない聖堂で、
虚無の時間を無為に過ごすのもまた一興。

なにもしなくてもなにも観なくても、
異国の地を踏み、異国の空気を吸い、異国の人とすれ違う。
それだけでもいい。

ただし異国の雨にしとどに濡れるのはどうかと思うが。


読み終わったらポチっとして≪海外旅行部門≫をチェック!★

海外旅行 ブログランキングへ


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

unfortunately paradise @Manila [Philippines]

IMG_3220.jpg

6月13日、旅は7日目。

どこかのトタン屋根を叩くニギヤカな音で目を覚ました。

時計を見ると6時を回ったところでどうやら外はまだ薄暗い。
窓を開け、暗い外を眺めると東南アジアらしい激しい雨が辺りの屋根を叩いていた。

昨夜は結局、空港から30分ほどでホテルにたどり着いた。

ドライバーのニイチャンは夜もかまわず渋滞している大通りの交差点を避け、
裏道を駆使し、路地裏を走り、ホテルがあるエリアへたどり着いた。
ホテル探しに少しばかり手間取ったものの、遠回りせずに走っていたことはわかったので、
きっと早かったのだろう。

彼が気を利かせたのか、あるいはさっさと最後の仕事を終えて、
早く帰りたいだけだったのかはわからないが、
こちらもパラオのドライブとフライトで疲れていたので、
裏道を走る彼の運転に助けられたことは確かだ。

Expedia Japan【海外旅行のエクスペディア】海外航空券バナー!!】

「初日だろ? ちょっとだけどチップはずむよ」

1000円しか両替していないので、威張れる額ではなかったが、
昼飯2~3回はイケる額を合わせて、彼に渡した。

「明日のシンガポール行き、気をつけてな!」

車内でアレコレと聞いてきたニイチャンはそういうとうれしそうに帰っていった。
これで彼はようやく慣れない仕事の初日から開放されるわけだ。
ホテル・エントランスの階段を上がりながら、時計を見ると23:20を指していた。

IMG_3188.jpg

眠たいのだろう、深夜番のオッサンは迷惑そうにチェックインの手続きしている。

誰もいなかったフロントの呼び鈴を数回鳴らすと、ようやくスタッフが顔を出した。
ネット予約で到着時刻も記していたのでこちらの到着時間はわかっていたはずなのだが、
どうやら彼は寝ていたらしい。
おいおい、まだ23時台だぜ、夜番が寝るには早すぎないか。

鍵を渡し、早々にベッドに戻ろうとする彼の背中に声をかけた。

「この辺にコーヒー・ショップか、コンビニエンス・ストアある?」

「2ブロック先にあるよ、でも夜だから外は気をつけて歩きなよ」

旅のいつもの慣わしで、部屋に荷物だけ放り込み、すぐにホテルをあとにした。

ひかりTVブック

あたりは住宅街に近いエリアのせいか、
薄暗くひと気のない通りをクルマとバイクだけが激しく行き交っている。
時折現れるジプニーの排気音がけたたましい。

大通り沿いの店や食堂は当たり前のようにシャッターを降ろしているのだが、
そのシャターの前には頑強な鉄格子が据え付けられていた。
見慣れたシンガポールやタイなどの東南アジアの町並みとは大きく異なっていた。

日本と同じく、深夜のコンビニは煌々と光を放っている。

店の前には若い男のコと女のコがイチャイチャついていた。
反対側では若い男のコがカノジョにするかのように公衆電話にへばりついていた。

冷房の効いた小さな店の中を探し回ったが、アイス・コーヒーが見当たらない。
なんでだ? アジアでは定番だろ? ないのかい?
仕方なくダイエット・ペプシとホットドッグを手にし、レジに差し出した。
2つあわせて50ペソ。
深夜とはいえ蒸し暑い夜に東南アジアを感じながら、真夜中の道をホテルに戻った。

IMG_3216.jpg
「半沢直樹」原作関連セット商品ポイント50倍

雨音で起こされたため、あきらめてシャワーを浴び、昨夜のフライトの疲れを洗い流した。

7時になったことを確認して、ロビーに下りる。
ビジネス・ホテル並みのホテルなのだが、ロビーにはテーブルが4つほど置かれていた。
Webで探したところ、このホテルにはちゃんとした朝食がついていて、
コーヒーが飲めるであろうことは推測できたので、
ここ「Orange Nest Hotel」をブッキングしたのだ。(下部agodaバナーから検索できます)



朝食はセットメニューだったが、意外にも卵の焼き方まで尋ねられ、ジュースまでついてきた。
一泊2,000円のホテルでこんな朝食が付くなんて、やっぱり東南アジアはステキだ。

コーヒーを飲みながら、ガラスの向こうのロビー・エントランスを眺めると、
さっきよりも雨が激しくなっていた。

IMG_3253.jpg
人気14都市のホテルが最大70%OFF★エクスペディアの直前割引

シンガポール行きのフライトは14;10。
チェックアウトの12時に部屋を出て、タクシーで空港に向かえば、いい頃合いか。
それよりも雨は上がって、ぶらりと街歩きができるのだろうか。

たしかにこの時季のマニラは雨季なんだけどね。


JRANKブログ
読み終わったらポチっとして、「旅行」ランキングをチェック!★

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

unexplored paradise @Manila [Philippines]

IMG_3223.jpg

UA193は定刻どおりの22:15、マニラのニノイ・アキノ国際空港に到着した。

パラオとフィリピンの間には1時間の時差があるので、
約2時間半のフライトでやってきた、ということになる。

運よく誰も並んでいなかった入国審査をカンタンに終え、
預け荷物もないので古臭いターンテーブルを通り過ぎ、あっさりと到着ロビーに出た。

マニラの空港は思ったより明るく、整然としていた。

到着客が吐き出されてくるロビーにはキビシイ顔をした警官が立っていて、
ターンテーブルがある到着エリアと到着ロビーを仕切っているドア周辺に、
ガイドやホテルのピックアップが押しかけないように眼を光らせている。

キッチリと管理され、区域制限がされているため、
我先に自分のところの客を捕まえたい彼らも遠巻きに眺めているしかない。
おとなしくせざるを得ない環境がその理由のようだ。



現地通貨を一切持っていなかったので、
吐き出されたドアのすぐ横にある両替所に向かい、千円札を差し出した。
ホテルがあるエリアまではタクシーで200~300ペソ、これだけあれば事足りる。
明日使う分はレートがいい市内両替所で替えればいい。

千円札の代わりにやってきたレシートには「517ペソ」と記されていた。

初めて訪問する国では紙幣はわかりやすいが、コインには戸惑いを覚える。
凝ったデザインで日本のように大きく金額を記していない国が多いからだ。
初めて見るコインの裏表をあらため、どれがいくらなのか探っていると、
両替窓口で退屈そうにしていたニイチャンが手を差し出してきた。
『This is 50、This is 20、This one is 10』とコインを選り分け、教えてくれる。
しょうがねえなあ、外国人旅行者は、という感じだが、イヤな感じはしなかった。

1ペソは概算で約2円、通貨換算しやすく、わかりやすい額で助かる。

IMG_3208.jpg

マニラの空港からホテルへはタクシーが常道らしい。
カウンターで行き先を告げると金額と行き先を紙に記してくれ、
先払いの固定料金で滞りなく走るシステムらしい。

らしい、らしい、と浮ついた書き方だが、なにせ初めて訪れる国。
ネットの事前情報が頼みの綱だからだ。

バンコクも似たようなシステムでタクシー・トラブルを防いでいる。
先払いには手数料も含まれるので割高にはなるが、
地理や距離感に不案内な旅行者には安心なシステムではある。
もっともバンコクの場合、ソレを取り仕切っているのが地元の裏組織、
というウラハナシもあるのだが。




小さなカウンターに座っているオバチャンに行き先を告げると、
次のタクシーのナンバーを記した紙をぶっきらぼうに渡された。

先払いのつもりでオバチャンに紙幣を差し出すと、乗車を促された。

「支払いは?」

「メータ、メータ」

どうやら普通にメーターで行き、車内で払うらしい。
ネットの情報なんかそんなものだ。

荷物はキャスター・バッグだけなので、後部座席に放り込み、
それを追うようにして席に滑り込んだ。
車内はキッチリエアコンが効いていて気持ちがいい。

IMG_3202.jpg
秋グラビアキャンペーン全10タイトル99円

「マラテ~」とエリア名を告げ、重ねてホテルの名を告げたが、
運転手はわかったのかわからないのか、返事もあいまいなまま、走り出した。

「わからなかったらホテルのバウチャーに住所、あるから」

あるいはこちらの英語が通じていないのかもしれないと思い、
プリントアウトしてきたホテル・バウチャーの紙を指し示すと、
急に返事が返ってきた。

「OK!『マラ~テ』ダイジョウブだ」

「メーターでいくらぐらい?」

◆最低価格保証バナー◆

「200超えるぐらいかなあ。実をいうと今日、はじめたばかりなんだ」

「タクシー・ドライバーを?」

「そう。今日がはじめての仕事なんだ。
 でもそのエリアは詳しいから、ホテルはすぐに見つけられるよ」

「まあ、わからなかったらホテルの電話番号あるから、聞いてみてよ。
 初仕事の今日はこれから朝まで走るのかい?」

ダッシュボードで光るデジタルの数字は23時前を示している。

「実はあんたがラストだよ。
 今日一日働いて、すごく疲れてるんだ、これで家に帰れるよ」

「へえ、それはよかった。初日をがんばったわけだね。
 でもタクシーの運転は大変じゃない?」

IMG_3200.jpg

「思った以上にストレスがあるよ、クルマ運転していればいいだけだと思ったけどね。
 今日働いてわかったよ」

「じゃあ、帰ったらオイシイもの食べて、ビール飲んでリラックスだね」

「あんたを降ろしたら家に帰って、ゆっくりシャワー浴びて、横になりたいよ」

「おれも早いところホテルでそうしたいね。お互い、考えることは一緒だな」

二人の思いを裏切るように23時過ぎの道路は渋滞していた。


読み終わったらポチっとして≪旅行部門≫ランキングをチェック!★

日本最大級2000万点の素材サイト | アマナイメージズ yoyaQ.com

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
Philippines ブログトップ