So-net無料ブログ作成

relaxation paradise @Palau [Palau]

IMG_2448.jpg

ミルキーウェイの興奮を船内に乗せたまま、ボートは動き出した。

『泥』という言葉が似つかわしくない海の底から掬われた真っ白なそれは、
肌理の細やかさから『美白効果』を詠っていた。
客たちは腕や足だけでなく、顔までを白く塗りたくっている。
そのせいで小さな船のなかは笑顔と嬌声で弾けたようににぎわっていた。

まるで子供の『おイタ』が大人の都合で終わらせられるかのように、
船内に散らかった泥は出発前になるとガイドやキャプテンが、
手馴れた感じで、しかも荒っぽく投げられる海水で洗い流された。
それでも『白い泥』の興奮は洗い流せないようで、
客たちはキレイになった船内でまだはしゃいでいる。

シートの隙間や誰かの水着には忘れられたように白いこびりつきが残っていた。

yoyaQ.com

「次はシー・カヤックのポイントに向かいます。
 カヤック・ツアーに申し込んでいない方は、
その間、別のスノーケリング・ポイントに案内しますね」

ふたたびけたたましい音を立てはじめた船外機に負けないよう、ガイドが叫んでいる。

IMG_2524.jpg

しばらく走ると小島の間に設えた浮島が現れた。
そのイカダの上ではカヤック専属の担当が待ち構えていて、
ボートから渡ったカヤック・ツアー参加者に2人乗りのカヤックをアレンジしている。
あなたは朝からそこにいるのかい?

生憎、お金を払って働く気概はなかったので、カヤック・ツアーは見合わせた。
汗水垂らして櫓を漕ぐよりもボートの上でダラけて本でも読んでいるほうが性に合っている。




船から8割方の客が降り、家族旅行の大きなグループと年配と呼ぶには早いご夫婦と、
一眼レフを持ったアヤシイ一人旅オトコが船内に残った。

「楽しんできてね!」

ガイドが先導するカヤックに連なる面々に声をかけるとみなが笑顔で手を振り返してきた。
少しばかり警戒心が解けたのだろうか、こちらの問いかけに応えている。
あるいはアヤシイオトコから遠ざかっていけるので、安心感に包まれているのかもしれない。

IMG_2456.jpg

軽くなったボートは外海を大きく回り、スノーケリング・ポイントでアンカーを下ろした。

外海に向かって開けた場所なのだが、あまり深くなく魚が多くいるポイントらしい。
潜ったところでローカル・ガイドが渡すスナック菓子を手にするとサカナまみれになれるようだ。

このツアーでは最後にメインどころのスノーケリング・ポイントが繰り込まれていたので、
ここでは海に入らず、デッキでのんびり文庫本を開いた。
デッキ、といってもトレジャー・ボートの舳先の小さなスペースだが、
ノイズもない世界、静かに揺れる小船でのひとときはなかなか至福だ。

「海、入らないの?」

エサやりを終え、上がってきたローカル・ガイドのオンナのコが話しかけてきた。




「まだあとにも潜れるポイントあるんでしょ? 楽しみは取っておくよ。
 それにジェリーフィッシュ・レイクがメインなんだ、それまでに泳ぎ疲れちゃうよ」

「それはいい作戦かもね。後半はクタクタになっているお客をよく見るわ」

「ねえ、彼はナニしているの?」

客のいない船尾ではキャプテンがバケツを抱え、なにか細かい手作業をしていた。
尋ねながら近寄って手元を覗き込む。

「ナニ作ってんの?」

「コレかい?『TET』だよ。わかる? こうやって齧るのさ」

なにやら木の実をむしり、それを白い石灰の粉と一緒に葉っぱに巻き、
巻きタバコのようなものができ上がると口に放り込んだ。

IMG_2474.jpg

「ソレが『てっと』か!
 ビンロウの実だろ、英語でなんというか知らないけど、わかるよ」

「わたしはコッチが好き。これは『KEBUI』というのよ」

彼女は『ケブイ』と呼ばれる葉のほうを口に含んだ。

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】エアアジア

「『TET』に『KEBUI』ね、売店に貼ってあったアレか!」

「あ、そうそう。みんな街なかの売店で買うわ。アナタも噛んでみる?」

「いや、やめとくよ。そうか、張り紙の単語のナゾがようやく解けたよ。
 どこの店にもデカデカと張り出してあるからフシギだったんだ。
 へえ、こうやって作るんだ」

「でもこれは売店で買ったやつじゃなくて、今朝採ってきたばかりの新鮮なやつさ。
 だから店で売っているやつとは一味違うのさ」

体格のいい船長がその体型に似合わない細かい手先の作業を繰り返している。
『TET』と石灰(後に『AUS』とわかる)を『KEBUI』に巻き込み、
出来上がったものが『BOO』と呼ばれるらしい。
彼はキレイに出来上がったモノをうれしそうにひけらかし、自慢げに口に含んだ。

IMG_2487.jpg

チャポチャポと波に揺れ、叩かれた船底が小気味よい音を立てている。
なにをするでもなく、他愛ない会話が交わされるこのひと時が心地よい。

ああ、ノンビリすぎて、その写真を撮り忘れた。


読み終わったらポチっとして、「旅行」ランキングをチェック!★
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード
海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0