So-net無料ブログ作成

Brunei Dollar @Bandar Seri Begawan [Brunei Darussalam]

IMG_8299.jpg

4月3日 -Day4-

朝、屋根を叩くスコールの激しい音で起こされた。

ドミトリーは結局、他の客が来ることなく、5つのベッドと広い部屋を占有して過ごすことができた。
こういう点はオフ・シーズンの恩恵だが、ホステルがクローズしていたのもオフ・シーズンならでは。

昨夜は巨大なショッピング・モール「ヤヤサン・コンプレックス」で両替店を見つけ出し、事なきを得た。
一両日しか滞在しない国の通貨をあまり手元に残したくない、ということもあり、
1,000円だけ両替すると$10ちょっとの金額が手元にやってきて、残金は$11そこそこに。
ブルネイ・ドルはシンガポール・ドルと同じレートを導入しているはずなのだが、レートは芳しくなかった

日が落ち、涼しくなった通りをブラついているとやたらと声をかけられる。
「ドコからきた?」「ナニしてる?」、見知らぬ人に唐突に話しかけられるので、最初は警戒したが、
そうやらブルネイの人は人なつこいらしく、屈託なく他愛のない質問を投げかけてくるようだ。
「ナニジンか?」の問いかけに「日本人だ」と答えると握手まで求められた。

IMG_8263.jpg
夜の時間はエアコンが効き、Wi-Fiが入るカフェを探し出し、腰を落ち着かせた。
夕食にミー・ゴレン$5、小さなカフェは欧米の客が2組いて、それぞれが同様に夜の時間をゆっくり過ごしていた。

宿への夜道を歩いていると、今度はバスで一緒だったニュージー娘と出会った、なんともバッタリの多い国だ。

朝のスコールで涼しく過ごしやすくなったが、金ピカのモスクに足を踏み入れる気にもならなかったし、
アレコレ探し求め、街なかを歩いてもナニかに出会えそうな気配がなかった。
小奇麗で安全である国であることは素晴らしいことだが、
この国この街に気を惹かれるものも未練もなくなってしまい、旅立つことを決めた。

熱いシャワーで目を覚まし、チェックアウトを済ませ、すぐ向かいにあるバス・ターミナルに向かう。

誰彼かまわずに港行きのバスを尋ねると、誰かがバス番号を教えてくれた。
その番号をつけたマイクロバスに荷物を積み込んでいた男性が、乗って待っていろ、と素っ気なくいう。
チケットを買うでもなく、空いた座席に座っていると、10分ほどでバスは出発した。
時計を見ると7:13、席が埋まっているわけでもなく、どういう基準で走り出したかわからないが、
車内で料金を支払い、1時間ほどおとなしくしていれば港に着くことは確かだ。

IMG_8306.jpg
8:20、灼熱の中に放り出された昨日の駐車場に戻ってきた。

どうやら港湾施設内には許可証があるクルマしか入れないらしく、ここでバスを差し換えているようだ。
違うバスで5分後には港に運ばれ、その流れでチケット窓口で尋ねると「8:50のラブアン行きがある」という。
これなら午後のフェリーに乗り継ぎ、今日のうちにKKに帰りつけそうだった。

バンダル・スリ・ブガワンの街歩きをせず、早々に発ってきたのには、
船の乗り継ぎが悪くて、KKに帰りつけない、という心配もあったからだ。

ラブアン島までのチケットは$15と書かれていた。
夕食を食べ、バス代$1を支払い、現金の残りは$5、
チケット・カウンターの横にある両替窓口でもう1,000円を両替し、$10ちょっとが手元にやってきて、
これでみごとピタリ賞、ブルネイ・ドルはほとんど残らずに済みそうだった。

が、思わぬ落とし穴があった。

IMG_8308.jpg
「ラブアンまで1枚、次の船で」

「8:50の船でいい? $17よ」

窓口のガラスの向こうの女性がそういう。

「え? $15って書いてあるけど」

「チケットは$15、それに出国のTAXが$2かかるの」

短い船旅だが、確かに出国を経るので港湾使用料、あるいは出国税の類がかかるわけなのですね。
ああ、$2足りないためにもう1,000円両替しなくてはならないのか。
(通常、外貨両替は紙幣しか受け付けない。US$なら$1紙幣から可能だが、日本円は・・・)

IMG_8158.jpg
ピタリ賞からみごとに転落、失望に意識を失いかけたが、財布の中にシンガポール・ドルを入れていたのを思い出した。

「たしかシンガポール・ドル、使えますよね?」

「この国では問題なく使えるわよ、ただし紙幣だけよ」

「わお」

財布から$2紙幣を取り出し、15ブルネイ・ドルに合わせて窓口に差出した、あらためてのピタリ賞獲得だ。

8:30になり、出国のゲートが開くと行列もなく、それぞれがのんびり出国手続きに進んだ。
8:50になると予告なく船は動き出し、10:20にラブアン島に到着した。

マレーシアの入国手続きを済ませ、すぐにチケット・カウンターへ向かった。

「次の便でKKに行きたいんだ」

「一番早いので13時よ、34リンギット」

「それでお願いします。TAXはかからないの?」

「マレーシア内の移動だからいらないわ」

IMG_8302.jpg
そう言われて納得、ラブアン~KKは国内移動、すぐにチケットを買い求めた。

この島で与えられた時間は2時間半、ランチして、Wi-Fiのあるカフェでも探すかな。


FC2 Blog Rankingランキング≪旅行部門≫をチェック!★



nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0