So-net無料ブログ作成

Punggol @Singapore [Singapore]

IMG_8821.jpg

―DAY4― 6月12日

昼前に『Bishan(ビシャン)』を目指して、出かけた。

『Punggol(パンゴール)』はMRTの終点駅、
駅前広場にはバス・ターミナルが広がっている。(写真2)

MRTのいくつかにはここと同じようにバス・ターミナルが隣接されている駅があり、
MRTからバス、あるいはその逆で乗り継げば、「トランスファー扱い」で料金は割引になる。

シンガポールはICカードの導入が早く、こういう割引が普及に拍車をかけたことは確かだ。

かつて住んでいた頃、エアコン付きのバスは半分ほどで、
バス停で次にやって来たバスがエアコン付きだと、「ラッキー」なんて思ったりした。

IMG_8734.jpg

もっとも当時、エアコンなしの普通のバスは初乗り50c、
エアコン付きは60cと、地味な差別化もされていた。
10cは7円程度なので、この赤道に近い気候の中でそれが割高なんて誰も思わないはずだ。
なにしろ窓全開の普通のバスがやって来るとスル―して、
エアコン。バスを待つシンガポリアンもいたほどだ。

その頃、ニュートン・サーカスに近い『Novena(ノヴィナ)』に住んでいて、
『Bugis(ブギス』にほど近いオフィスまで、バスで通っていた。
初乗り料金で行けてしまうので、交通費は片道35円、
朝からエアコン・バスに当たると、10c高いわけだが、ちょっと幸せな気分だった。

しかしそれもゴールデン・ウィークのピーク・シーズンを迎えると、連日残業で疲れ果て、
朝はもっとラクで手軽なタクシー通勤に変わった。
確か初乗りにちょっと足したぐらいの金額、$3=210円ほどだった気がする。

IMG_8733.jpg

日本では山手線内ぐらいしか移動できないような金額だが、
こちらでは昼飯が$2,5か$3で食べられるので、冷静になると大きな無駄遣いだ。
なにせバスで行けば5~60cで済むのだから。

どこの国でも観光客にはハードルが高い「市バス」、
最近はどこの国でもICカードが導入されてきているので、割と使いやすくなったが、
ローカル・バスには独特のルールがあるのでご注意を。

旅行者向けに現金で乗る場合の手順を紹介しますね。

TOTO 【いつでもどこでも】携帯ウォシュレット YEW350

レック 携帯用 おしり ウォッシュ ソフト ( お尻洗い )

折りたたみトラベルバッグ 収納に便利 カンタン携行

ノーブランド品 ソフトボトルとノズルセット hw-z01

【mamy care】 海外 アウトドア ウォシュレット 赤ちゃんにも


IMG_8738.jpg

シンガポールのバスは番号表示。
バス停でルート表を見て、行きたいバスの番号を確かめるわけです。
あるいはその辺のオジサン、オバサンに尋ねましょう、割と普通に教えてくれます。
普通に立っていてバス・ナンバーを尋ねられるわたしはナニジン?

ここからがシンガならではのバス乗車法。

停留所で乗りたいバスが来たら、手を上げる。
日本式に真上ではなく、車道に差し出す感じで。
タクシーも同様で、走る車を制止するような感じで手を上げないと止まってくれませんぜ。
日本人観光客が高々と手を上げて、タクシーに無視されているのをよく見かけるけど。

IMG_8739.jpg

運賃は前乗り・先払い。

行き先分の金額を料金箱に入れるか、
運賃がわからない場合は行きたい場所をドライバーに告げれば、金額を教えてくれるので、
その金額を入れればOK、ただし日本と大きく違うのは「お釣りが出ない」こと。

$1の運賃の支払いで$10札を入れてもそれで終了ですので、ご注意を。

お金を払ったら、ドライバーの後ろの機械から整理券状の領収書のペラ紙が出てきます。
忘れずにそれを取りましょう。

IMG_8740.jpg

時折、検札役の車掌が乗り込んできて、その整理券をチェックすることがあります。
初乗りだけでも乗り込めますが、捕まったら罰金です、あの国は。
罰金王国ですからね、やめといたほうがいですよ。

あとは降りたいところでブザーを押すだけ。(写真6)

あ、罰金で思い出した、車内は飲食禁止です。
飲み物もダメなので、ペットボトルなどは持ち込めないですよ、罰金罰金。
なので、スタンドでアイス・コーヒー買って、あ、バスが来た! って感じで飛び乗れないんですね。
飲み物NG、ペットボトルなどはカバンのしまいましょう。

IMG_8757.jpg

英国領時代からの名残りで、2階建てバスがあるのが特徴的、二台連結の長いやつもあります。
知らないバスに乗り込んで、2階席の先頭席を陣取って、市内観光なんてのも楽しいですよ。

あ、ダイジョウブ、今はエアコンなしのバスは皆無ですから。


読み終わったらポチっとして≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
にほんブログ村 旅行ブログへ
  • ホテル
  • 航空券
  • 航空券+ホテル
1.行き先をお選びください
2.日程・宿泊者情報を指定してください
  • チェックイン

  • チェックアウト


  • 部屋数

  • 大人

  • お子様(<18)

検索
楽天トラベル株式会社

nice!(11)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 11

コメント 2

はらぼー

この料金は安い!!
しかし、シンガポール、バスも罰金取られるんですね・・・。

ボクは観光バスでなく、
公共交通機関を使っての移動が好きです。
旅行に行くと、大抵地元の市バスや電車を使います。

ロサンゼルスに行った時も、
LA Metro(バス・電車)を、時刻表を大量に持って帰って、
いつ乗れるか、便数はどれくらいか、
乗り継ぎはどうか、目的地に近いかどうか、など
喧々諤々し、あちこちに出かけたのを思い出しました。
時刻表とにらめっこしながら計画を立てるのも、楽しいですよね。

ちなみにボクも、Metro Green Lineで、
メキシカンに本格的なスペイン語で
ネイティブ相手並にダダダダっと早口で、
乗り方だかどこで降りればいいかだかを
尋ねられたことがありました・・・
・・・ボクはナニ人に見えたんでしょう(^^;;
by はらぼー (2015-05-14 06:36) 

delfin

>はらぼーさん

「罰金王国」ですからネエ(笑

暑いのでツイやっちゃうんですよね、
MRTやバス乗る前に飲み物買って~♪
で、買ってから、気づきます、たいてい。

そこまで綿密にプラン立てないので、いつも行き当たりバッタリ・・・。
現地に行くとデータや情報変わっていること多いし・・・

けっこうどこの国でも道聞かれますよ、
「こいつに聞けばいいや」って思われるのか、
向こうがいい加減なのか、それは永遠の謎ということで・・・
by delfin (2015-05-14 21:37) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0