So-net無料ブログ作成

焼豚飯 @Singapore [Singapore]

IMG_2081.jpg

10月20日 -Day4-

変わりなく朝から暑さ充満。
今日は出かけず、リビングのシーリング・ファンの下で原稿と格闘。

IMG_2080.jpg

涼しくなった夕刻におもむろに外出、というか原稿書きに疲労困憊。
気分転換にヘア・カットなどしてみる。
サービス業だけに店の雰囲気も価格もピンキリ、ローカルのサロンで挑んだので$15也。

IMG_2175.jpg

夕食はチャーシュー・ファン(焼豚飯)、$3。
タレが多めにかかっているのだが、ボソボソのタイ米にこれがよく馴染むのだ。
もちろんお気に入りのスイカ・ジュースも忘れずに、おっとこいつは$1ですぜ。

TOTO 【いつでもどこでも】携帯ウォシュレット YEW350

レック 携帯用 おしり ウォッシュ ソフト ( お尻洗い )

折りたたみトラベルバッグ 収納に便利 カンタン携行

ノーブランド品 ソフトボトルとノズルセット hw-z01

【mamy care】 海外 アウトドア ウォシュレット 赤ちゃんにも


IMG_2179.jpg

いわゆるホーカーズはこんな感じでオープン・エアがホトンド、
公団住宅の下やショッピングビルに併設されている。
店で注文し、自分でトレイを運んでもいいが、テーブル番号を伝えれば、店の人が持って来てもくれる。

IMG_2182.jpg

食べ終わったものはテーブルにそのまま置き去りにするのがシンガポール・スタイル。
日本のフードコートのように自分でトレイを下げたりはせず、片付け専門の係にすべておまかせ。
「片付けてしまうと彼らの仕事がなくなってしまう」とシンガポリアンは嘯くが、
経済構造的には強ち間違っていないかもしれない。

IMG_2103.jpg

22時過ぎになって友人が「夜食食べに行こう」と言い出した。
こんな時間に食べるのは日本では掟破りかもしれないが、
オイシイものにしろ、人にしろ、買いたいものにしろ、一瞬を逃せば次はないのでシッカリ話に乗ることに。
友人はヴェトナム人女性と再婚したので、
彼女の好きなフォーを食べにクルマで『リトル・ヴェトナム』と呼ばれる『Joo Chiat Road』へ。
http://blog.excite.co.jp/minassipol/24216988/

IMG_2101.jpg

ヴェトナム人が集うエリアだけあって、店もベトナム一色、彼女がヴェトナム語で手際よく注文を入れる。
気づけば写真の『フォー・トム(海老のフォー)』を平らげていた、腹減ってない、といっていたのは誰だ?
ヴェトナム語でも海老=トムということをオベンキョウ、
そう、「トム・ヤム・クン」の「トム」ですぜ。


読み終わったらポチっとして≪海外一人旅ランキング≫をチェック!★
ブログランキング・にほんブログ村へ


デジタルアイテムの必需品 全世界対応変圧器・プラグ【海外旅行充電セット】

【USB充電ポート付】世界各国対応変換プラグ5個セットプレゼント♪【全世界対応】

ロール式ソーラーパネル■これがあれば携帯充電にもうコンセントを探さない!

ソーラーパネル(折りたたみ可能)薄型、軽量タイプ!太陽電池ですぐに充電!


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0